なにはともあれやってみよう

ハンドメイドの服・小物の紹介と、日々のできごとをつらつらと。
2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



リボンのワンピース


RRさんのリボンのワンピース2作目です。
今度は8部袖で基本通りに作りました。

生地はやっぱりRRさん(笑)
綿麻ダンガリーだったかな?
一応ラベンダー色なんですけどね…写真の色とんじゃった…(>_<)


で、そのままでも可愛いんですが、個人的に無地は何か寂しいので刺繍しよっかなと。

前あきの部分か、裾にワンポイントか…悩み中です。

どっちがいいですかね?(笑)


スポンサーサイト

スカラップガーゼのワンピース

20100125222804
20100125222802
20100125222759
RRさんのパターン『リボンのワンピース』を作りました。

リボンのワンピースなんだけど、リボンなしで。
さらに布がスカラップな上に1.5メートルしかなかったので、ぎりぎりで半袖&足りなかった襟とカフスは別布で切り替えました。
広幅で助かった…。

あ、スカラップガーゼもRRさんの布です。はい。
柄布はルシアンのカットクロスを使いました。

ゆったりシルエットなので、Sサイズなんですけどそれでもゆったりです(普段はMかLなんですが)

レギンスやタートルとあわせて着ると可愛いかな?


スクエアネックブラウス

20090627120652
本当に梅雨なのか?という天気が続いています。
晴れてはいないけど、でも雨降らないんですよね~。
湿気はあるので蒸し暑いです(×_×)

とりあえずは夏のお洋服増やさねば!とブラウス作ってみました~。

パターンはMパターン研究所のスクエアネックブラウス。
生地は手芸屋さんで買ったしじら織り。
涼しくてよいです(^_^)

この手のデザインは簡単にできるから楽でいいですね。
丈伸ばしてワンピースにもよさそう。


リバティのギャザースカート

20090403001805
さっそく、ですね。買ったリバティでスカート作りました。
参考にしたのはpolka dropsさんの「簡単すっきりギャザースカート」。
10カ所タックをとるのがちと面倒でしたが(笑)、着た感じは腰回りがもたつかずに本当にすっきり。
ギャザースカートとタックスカートの中間みたいな感じ。
布をケチって(おい)ゴム入れるところを別布にしたんですが、いいアクセントになったかなと思います。まあ、着たら見えないんだけど(笑)。
色味と生地からして今から秋くらいまで着れるかな~。
柄が気に入ってるので着倒したいです~(^m^)


タートルネック

おおおおおおおお久しぶりです(汗)。
一体どれだけ放置してるんだと言われそう(^^;)
風邪引いたり、仕事の特別バージョンイベント(やることはいつもとあまり変わらないですが)であたふたしていたら、いつの間にやら月日が経っていてびっくりの杉原です。

それにしても寒くなりましたね~。
朝目が覚めると霜が降りていたりして、寒がり&冷え性の杉原は毎日寒い寒いと連呼しております。
結婚のお祝いで買ってもらった2枚重ねの羽布団がやたら暖かくてありがたいです~。おばあちゃんありがとう~。
そんなわけで最近の縫い物は、冬の必需品タートルネックのカットソーを量産中です。

CA390495.jpg

とりあえず2枚縫ってみました。

パターンはRRさんのラグランスリーブタートルです。
いつもは無料配信でもらったのを使っていたのですが、こっちが簡単そうだったので買ってみました。
袖付けが簡単でいいですよね、ラグランスリーブ(笑)。

生地はボーダーがはなはっかさんのブルーベリーニット、花柄がRRさんのリバティニットです。
どっちも扱いやすくて着心地もよくて、さっそく着ております。

まだ花柄スムースとかドットのベア天竺も持っているので、もう1、2枚、時間があったら作りたいなあ。



福岡県から佐賀県に引っ越してきて数ヶ月。

大学は佐賀だったので不自由しない程度に道やお店を覚えているのですが、先日、大学時代の通学路沿いの万年筆屋さんが閉店するというのを新聞で見ました。
趣のある古ーい建物でですね、一見暗くて本当に営業してるのか?と思うようなお店で、大学時代入ってみたいけど入れなかったお店の一つだったのです。

理由は勇気がなかったのと、ほら、万年筆って高いから(笑)。

で、今回閉店ということでセールがあるというので、行きたいなあと思っていました。
そしたらイベントで行けず終い…くすん。
と思っていたら。
お義母さんと旦那が行ってきて、万年筆買ってきてくれました。

CA390493001.jpg

話を聞いていると、その人に合わせて調節してくれたり修理してくれたりと、昔ながらの職人の店、といった感じだったそう。
行ってみたかった…!
こういう昔ながらのお店がなくなってしまうのはとても寂しいですね。近くにあった古書店(京極堂みたいなの/笑)ももう廃墟だし。
長く長く、大切に使っていきたいと思います。


 | HOME |  »

カウンター


+7000


プロフィール


杉原深春

Author:杉原深春
ウチのわんこ達。
メロメロです(笑)


カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



union



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。